ワキガの臭い対策の方法は大きく分けて、自分でできるものと病院での治療があります。実はワキガの臭いには程度があり、軽症から中度のワキガであれば、セルフケアで臭い悩みを解消することが可能です。

ワキガを根本的に解決するためには手術がありますが、ワキガの治療法も日々進化しており、最近ではミラドライなど切らずに短時間でできる方法が注目を集めています。これらの方法は子どもでもできるのがメリットですが、保険の適用が受けられず高額な費用が必要であることなどハードルが高いのも事実。強度の場合を除き、まずはセルフケアから始めてみるのがおすすめです。

自宅で手軽にできるワキガの臭い対策としては、古来よりミョウバン水が知られています。料理にも使われるミョウバンは手に入れやすくお値段もリーズナブル。ミョウバンにはすぐれた収れん作用、抗菌・殺菌作用があり、ワキガに限らず加齢臭など全身の臭い対策にも使えます。小さなスプレー容器に入れれば携帯も可能。湯上りにミョウバン水をかぶれば楽ちんですね。

ただし、ミョウバン水にもデメリットはあり、肌が弱い場合にはかぶれやかゆみなどが起こる場合があります。最も手軽な臭い対策の方法として知っておくと良いでしょう。

清潔志向とデオドラント意識の高まりから、臭い対策グッズは次々と新製品が発売されています。その多くはワキガの人を対象にしているわけではないため、ワキガの汗・臭い対策としては物足りないことも多いのが実情です。ワキガの臭い対策には、有効成分が配合されたワキガ専用に開発されたアイテムを選ぶのがおすすめです。中でも肌への密着度と効果の持続性から特におすすめなのがワキガクリーム。使いやすさも抜群なので子どものワキガ対策にも使えます。

ワキガの臭いはほとんどの場合、気づいて対策することで十分解決可能です。正しい知識を持って適切に対処して行きましょう。

臭い対策に効果的な石鹸・ボディソープの選び方

清潔は臭い対策の基本です。ワキガの場合には、単に汚れを落とすだけでなく ワキガ臭いの原因「菌」を殺菌する成分 皮脂の過剰分泌を抑える保湿成分 臭いを抑える効果が期待できる成分 などが配合されている石鹸・ボディソープを選ぶのがポイントです。さらに、肌へのやさしさの観点からは 低刺激 泡立ちが良い ものを選びたいですね。ワキガに効果的な石鹸・ボ

続きを読む

レベルに合わせて!チェック方法と段階別対策法を解説

ひと口にワキガと言っても、臭いの程度はさまざま。でも、自分の臭いって意外にわからないものですよね。ワキガ対策は臭いのレベルによって適した方法が違って来ます。まずは自分の臭いレベルをチェックするところから始めましょう。 まずはワキガかどうかをチェック! 臭いレベルをチェックする前に、まずは自分が本当にワキガかどうかを確認しておく必要があります。耳垢が湿っている、両親のどちらかがワ

続きを読む

臭いは「衣類」も含めた対策が必要!

ワキガや加齢臭など臭いの悩みを抱えている方の多くは、消臭効果のある石けんやボディソープ、デオドラント製品などを使って「体の臭い」に対策しようとします。もちろんそれも大切なことなのですが、「衣類の臭い」についてはいかがですか?実は衣類に対策することで、ワキガ特有の臭いもかなり減らすことができます。衣類の臭い対策について、見て行きましょう。 体だけじゃなかった!衣類も臭い発生の大きな原因

続きを読む

子どもの臭い対策 ポイントと具体的な方法

アポクリン腺は第二次性徴をきっかけに活発化すると言われ、従来は思春期に入ってワキガに気づくことが多いとされていました。しかし近年では子供たちの成長スピードは早く、10歳未満の児童でもワキガ臭がすることがあります。特に女子の方が早くワキガが発症する傾向にあるようです。 自分で気がつくまで「見守る」 自分の臭いと言うのは大人でも気づき難いものですが、子どもの場合はなおさらです。そんなとき、

続きを読む

臭い対策はふたつ!セルフケアと病院での治療

ワキガの臭い対策は、自分でできるものと病院での治療に大きくわけることができ、それぞれにいくつかの種類があります。それぞれの種類と特徴、メリットとデメリットについて見て行きましょう。 まずは自分でできる臭い対策から ワキガは原因となるアポクリン腺の除去が究極の対策ですが、臭いの原因となる汗と細菌の繁殖を抑えることができれば問題を解決することは可能です。 まず試したいのが、市販・通販

続きを読む

制汗剤もいろいろ!クリームタイプがおすすめな理由を解説

ワキガの臭いはアポクリン腺からの汗が常在菌により分解されることで発生します。そのため、汗を抑えることはワキガ対策の最も重要なポイントです。 汗を抑える方法としては市販の制汗剤が良く知られていますよね。使いやすいスプレータイプは大人気。ロールオンやスティックなどタイプもさまざまで、無香料のものから好みの香りが楽しめるものまで数多くの商品が売られています。 しかし、ワキガ対策として

続きを読む