ワキガ手術のデメリット?術後臭と代償性発汗とは

「ワキガ手術をしたのにまだ臭う」「別の臭いがするようになった」と訴える人や「臭いは無くなったけど、背中に汗をかくようになった」と言う人も少なくないようです。勇気を振り絞って手術したのにまだ臭うなんて、やりきれないですよね。臭いが無くなっても汗がひどくなるのも困ります。術後臭、代償性発汗は本当にあるのでしょうか?詳しく見て行きましょう。

医学的には否定されている「術後臭」

ワキガ手術の後もまだ臭いがする、別の臭いがするようになったなど、ワキガ手術の後に臭いがすることを術後臭と言い、実際に臭いを感じている方も少なくないようです。中には「ワキガの臭いは治ったけどスソガがひどくなった」など、他の部分の臭いが気になり始める方もいます。

実は、術後臭に関しては医学的には否定されています。ワキガ手術をしたことで、他の臭いが発生したり、脇以外が臭うようになることはないとされているのです。

では、なぜ術後臭を感じる人がいるのでしょうか?まず、ワキガ手術をした後もまだ臭うと言う場合には、アポクリン腺を完全に取り切れていなかった可能性があります。器具を挿入してアポクリン腺を吸い取る吸引法は、肉眼で確認しながらアポクリン腺を取り除く剪除法に比べ、アポクリン腺が残ってしまう可能性が高いと言われています。

また、ワキガ以外の臭いがするようになったと言うケースでは、これまで悩みだったワキガの臭いがなくなったことで、エクリン汗が原因の汗臭さや加齢臭などが気になり始める、と言ったことが考えられます。

ワキガ手術はワキガの臭い対策のもっとも効果的な方法ですが、すべての体臭を取り除くものではありません。術後臭を気にする方の中には、実際に臭っていないのに臭っていると思い込んでしまう自臭症のケースも少なくないようです。「手術したのにまだ臭う」となれば、精神的なダメージが大きいですよね。迷ったら手術はしない、と言うのもひとつの方法です

多汗症手術に多い「代償性発汗」

手術で汗を止めた部分以外のところに汗が増える代償性発汗は、多汗症治療で行われる「神経ブロック」と呼ばれる胸部交感神経焼却術で起こることがあります。ワキガ手術はアポクリン腺を取り除くもので神経に対する手術ではないため、代償性発汗はないと言われています。

その一方で、医師の中には代償性発汗を認める意見もあり、ワキガがひどくない場合には、アポクリン腺が少ないためエクリン腺を取り除く量が多くなり、脇の周囲や顔・手などに汗が増えることがあるとしています。代償性発汗については、手術のリスクとして押さえておく必要があるでしょう。

感じている人がいるのは事実。よく考えよう

医学的に否定されていても、実際に術後臭を感じる人がいるのは事実です。「ありえない」と否定してしまうのは簡単ですが、自分が感じている以上はやはり「ある」とも言えます。

ワキガの原因であるアポクリン腺そのものを取り除く手術は、究極の解決方法です。それだけに期待値は高く、手術しても臭うとなるとそのショックは計り知れません。

ひとつ考えておかなければならないのは、ワキガ手術はすべての体臭を完全になくすものではない、と言うことです。ワキガの臭いはなくすことができても、汗をかかない人はいませんし、年齢を重ねれば加齢臭の問題も出て来るでしょう。ストレスによる汗は臭いやすいことで知られ、食生活の乱れで体臭がきつくなることもあります。

現在ではデオドラント製品も進化しており、ワキガに特化した商品も増えています。ワキガ体質の比率が高い欧米では、デオドラントで臭いケアするのが常識で、臭いで手術をする人はいないそうです。

ワキガも多くの場合、ワキガクリームなどを使ったセルフケアで臭いを軽減することができます。手術は最後の手段として、まずは自分でできるところから始めてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。