ワキガで病院に行くなら何科?すそわきがの場合も解説!

自分がワキガかどうか判定してもらったり、治療を受けたい場合には病院に行くことになります。でも、ワキガってどの病院に行けばよいのかわかりにくいですよね。ワキガ診療を受けられるのは何科なのか、すそわきがの場合についても見て行きましょう。

ワキガ診療は複数の科で受けられる

ワキガかどうかの判定や治療は

  • 皮膚科
  • 形成外科
  • 美容外科・美容形成外科

で受けることができます。また、すそわきがが疑われる場合には

  • 婦人科

の受診がおすすめです。どの科を受診するかによって治療の方向性が違って来ますので、科目ごとの特徴について理解しておく必要があります。

ワキガ診断ならまず皮膚科

お子さんや自分がワキガかどうか知りたいと言う場合には、まず皮膚科を受診してみましょう。ワキガだとわかった場合には、必要に応じて臭化プロバンテリンなどの飲み薬や塩化アルミニウムなどの塗り薬の処方が行われます。

医師が処方する薬は市販薬に比べて効果が高く、保険の適用もあります。ただし、飲み薬・塗り薬ともに副作用の可能性があり、継続して使うのには向いていません。軽度のワキガの場合には、ワキガクリームなどワキガ専用のアイテムで十分対策が可能です。

手術を考えているなら形成外科

中度・重度のワキガで手術も視野に入れている場合には、形成外科の受診がおすすめです。ワキガ手術には剪除法(せんじょほう)、吸引法などがありますが、どちらも保険が適用される場合には費用を安く抑えることができます。

重度のワキガであっても、必ず手術しなければならないわけではありません。剪除法には傷跡が残る、吸引法には再発の可能性が高いなどのデメリットもあります。手術を検討する場合には、メリットだけでなくデメリットについてもしっかり説明を受け、場合によってはセカンドオピニオンを求めることも大切です。

美容外科・美容形成外科には専門外来のあるところも

美容外科・美容形成外科にはワキガ専門外来を設けているクリニックもあり、治療法もボトックス注射から電気凝固法、切らない治療のミラドライやビューホットなど多彩です。

保険適用が受けられる治療もありますが、基本的には自由診療となるため高額の治療費がネック。ボトックス注射や電気凝固法は形成外科でも受けることができますが、自由診療の場合が多いです。

どの治療法にもメリット・デメリットがあり、よく比較・検討する必要があります。カウンセリングで納得行くまで質問し、納得できない場合には他のクリニック・治療法を検討してみることも必要です。

すそわきがなら婦人科の受診を

ワキガはワキだけでなく、デリケートゾーンや乳輪まわりなどマンマリーラインと呼ばれる部分にも起こる可能性があります。耳垢が湿っている、ワキも臭うなどの場合はすそわきがの可能性が高いですが、そうでない場合にはワキガ以外の原因も考えられます。

デリケートゾーンの臭いが気になる場合には、まず婦人科を受診するのがおすすめです。婦人科系の病気でなくすそわきがだとわかったら、デリケートゾーンに使えるワキガ専用アイテムでセルフケアを始めましょう。

中度・重度のすそわきがの場合には、手術を考える方もいらっしゃるかも知れませんね。デリケートな部分だけに、手術の方法などもじっくり検討する必要があります。デリケートゾーンはアポクリン腺が確認しづらく、取り残しや皮膚へのダメージ、毛が抜けてしまうなどのデメリットがあります。

すそわきがの場合には、ワキ以上に手術するかどうかと方法をよく考える必要があります。基本的に自由診療となるため費用も高額です。ボトックス注射や大きく切らない治療法を中心に検討してみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。