妊娠中でも使うことができる?

ワキガの臭いに悩んでいますが、妊娠中なのでクリームを使用しても良いのかどうか、不安です。妊娠中に使用しても、お腹の赤ちゃんには影響はないですか?

基本的には、こちらのサイトで紹介してあるワキガの臭いを治すクリームは、安全性に徹底配慮してあるので、妊娠中でも使用しやすくなっています。

配合されている成分は安全性が確認されたものばかりですし、皮膚の一部に塗布するだけのものなので、胎児に届く量も少なく、大きな影響が出るとは考えにくいですね。

ですが、不安な場合はやはり、担当医に相談するのがベストでしょう。医師から許可をもらえば、心から安心して妊娠中のワキガ対策をしていくことができますね。

妊娠中はお肌がデリケートになることもあるので、事前に目立たない場所で試してから使いましょう。

妊娠中に気になるワキガ臭の原因と対策

お腹の中に新しい命を宿す妊娠。とても素晴らしいことですが、実は様々なマイナートラブルが発生し、悩まされる方が少なくありません。特に、妊娠すると、これまで気にしていなかったワキガ臭が強くなったと感じる女性も多いのです。

妊娠中にワキガ発症!?

元々、ワキガを自覚していた方が、妊娠することによってワキガ臭が強くなったと感じることもありますが、中には「ワキガの自覚は無かったのに、妊娠すると発症してしまった」という方もいます。では、実際に妊娠することでワキガが新たに発症することはあるのでしょうか?

実は、これは妊娠により発症したというよりは、「元々からワキガ体質だったのが、妊娠により悪化しただけ」と考えることができます。

  • アポクリン汗腺の数は生まれつき決まっている
  • 後からアポクリン汗腺ができることはない

これらのことから、ワキガ体質を持っていた方が、妊娠という体の大きな変化を経験することで、症状が悪化してしまった結果、新たに発症したような感覚になってしまうわけですね。

妊娠中に悪化する原因

では、なぜ妊娠中にはワキガの臭いが悪化してしまいやすいのでしょうか?これにはいくつかの原因が考えられます。

  • ホルモンバランスの変化により汗が増える
  • 乳腺により汗腺が刺激される
  • 普段より臭いに敏感になる

臭いが強くなるのは、主にホルモンバランスや乳腺の変化によるものです。また、自分自身の嗅覚も敏感になってしまうため、ますます臭いを強烈に感じてしまいやすくなるのです。

臭いに敏感な時期に、自分自身から強いワキガ臭が感じられるのは辛いですね。

妊娠中にも安心なケアを!

妊娠中の場合、手術やレーザーのようなワキガ治療を受けるのは控えたいですね。では諦めるしかないのかと言えば、そういうわけではありません。

妊娠中でも実践できる安全性の高いワキガ対策方法を選んで、臭いを軽減していきましょう。

  • 汗ワキパッド…汗をコントロール
  • ミョウバンスプレー…安全に臭いケアできる優秀なアイテム
  • ワキガの臭いを治すクリーム…安全性に配慮されたものを選べば妊娠中でも使用可

こういったものを用いてきちんとケアしていけば、授乳を終える頃には臭いが軽減されていることもあります。ただし、中には授乳後にもワキガ体質が継続してしまう方もいますので、そのような場合はワキガの臭いを治すクリームを使い続けてみてください。

ダウンタイムなどが不安な手術等の治療法は、産後すぐには厳しいかもしれません。そんな育児が大変な時期でも、ワキガの臭いを治すクリームなら気軽に使用できるので便利ですね。

コメントは受け付けていません。