脱毛はワキガの臭いを治すために効果がある?

脱毛サロンはもちろん、最近では月額制を採用するクリニックが増えたことで、レーザー脱毛もずいぶん身近になりました。脱毛でムダ毛がなくなるとワキガの臭いが軽減されたと言う声も多く聞かれます。その一方で、脱毛後、脇汗が増えたと言う声もあるようです。相反するふたつの声があるワキガと脱毛の関係について、本当のところを検証してみましょう。

脱毛はワキガの臭い軽減に効果的

ワキガはアポクリン腺からの汗や皮脂が常在菌により分解されることで起こります。毛が生えていると菌の繁殖が盛んになりやすく、蒸れることで臭いも発生しやすいですが、脱毛でムダ毛が無くなれば菌の繁殖や蒸れが抑えられるため、臭いは軽減されます。

レーザー脱毛は毛根組織を破壊することで毛が生えてこないようにする方法です。アポクリン腺は毛穴に繋がっており、レーザー脱毛でダメージを受けるとも言われます。医療脱毛はムダ毛が無くなることに加え、ワキガの臭い改善にも効果的な方法なのです。

脱毛でワキガがひどくなるってホント?

脱毛でワキガの臭いが改善されたとの声がある一方、「脱毛後、ワキが臭うようになった」「脇汗がひどくなった」と言う声があるのも事実です。これにはふたつの原因が考えられます。

毛穴にたまった皮脂・垢が酸化したため

脱毛で毛が無くなった毛穴に皮脂・垢などがたまった場合、酸化して臭いの原因になることがあります。この場合には、クレイタイプの石けんやピーリング剤などで毛穴につまった汚れを取り除くことで解消されます。

汗が増えたため

レーザー脱毛の施術後、汗が増えたと感じている人は意外に多く、脱毛後多汗症と呼ばれます。レーザー脱毛が刺激となって汗が増える現象で、多くの場合一時的です。

脱毛後多汗症が気になって、さらに汗が増える精神的多汗症の場合には、臭いの原因になることも多く、長期化する場合もあります。レーザー脱毛で汗が増えてもそれは一時的であることを理解し、必要以上に気にしないこと、市販のデオドラント剤などを使って対策していくことが必要になります。あまりにも汗が気になる場合には、効果が半年ほど持続するボトックス注射で様子を見るのもひとつの方法です。

脱毛はムダ毛処理だけでなくワキガの臭いを治すためにも効果的な方法です。一時的に汗が増えることはあっても、ワキガが悪化することはありません。ワキガの臭い対策には正しい知識を持つことが非常に重要です。

コメントは受け付けていません。