臭いの原因「ワキガ菌」の特徴と美肌菌との違いを解説

ワキガの臭いはアポクリン腺からの汗を常在菌が分解することで起こります。常在菌の中でもワキガ特有の刺激臭を引き起こすものは「ワキガ菌」と呼ばれます。ワキガ菌の特徴と他の常在菌との違いについて見て行きましょう。

常在菌には善玉菌・悪玉菌がある

善玉菌・悪玉菌と言う言葉はよく聞きますよね。私たちの体には、皮膚や内臓に多くの細菌が住んでいて、さまざまな役割を果たしています。中でも体によい働きをする常在菌は善玉菌と呼ばれ、乳酸菌やビフィズス菌などが良く知られています。

皮膚の代表的な常在菌

皮膚の常在菌には表皮ブドウ球菌、アクネ菌、マラセチア菌などがあり、表皮ブドウ球菌は代表的な善玉菌です。アクネ菌はバランス次第でよくも悪くもなる日和見菌(ひよりみきん)で、増えすぎるとニキビの原因となります。善玉菌が劣勢になると普段はおとなしくしている黄色ブドウ球菌、マラセチア菌などの悪玉菌が増え、肌トラブルを引き起こします。

ワキガ菌の正体は「コリネバクテリウム」

ワキガの人に多く見られる常在菌がコリネバクテリウムで、これがワキガ菌と呼ばれるものの正体です。
コリネバクテリウムはアポクリン腺からの汗が大好物。アポクリン汗がないと生きていけないので、ワキガ以外の人にはほどんど見られません。アポクリン汗自体はほぼ無臭ですが、コリネバクテリウムによって分解されることで独特の刺激臭を発生させます。

コリネバクテリウムはアポクリン汗と共存関係にあり、殺菌しても汗があれば増えてしまいます。ワキガの臭いを治すためには汗とワキガ菌の両方にアプローチする必要があるのはそのためです。

表皮ブドウ球菌が「美肌菌」と呼ばれる理由

常在菌の中にはほかにも汗を好むものがあり、代表的なのが表皮ブドウ球菌です。表皮ブドウ球菌はエクリン腺からの汗や皮脂を食べてグリセリンに分解します。グリセリンは多くの化粧品にも含まれている潤い成分。また、表皮ブドウ球菌にはお肌を弱酸性に保つ働きもあり、悪玉菌の繁殖を抑えてくれます。お肌を健やかに保つために欠かせないことから「美肌菌」とも呼ばれています。

「美肌菌」が臭いの原因になることも…

ただし、表皮ブドウ球菌も増えすぎるとイソ吉草酸(いそきっそうさん)を発生させることがあります。イソ吉草酸(いそきっそうさん)は悪臭防止法にも指定されている悪臭成分で、足の臭いの原因物質。足の裏にはアポクリン腺はなく、エクリン腺からの汗も場合によっては臭うことがあるのです。

脇や足の裏など汗をかきやすく蒸れやすいところは常在菌が増えて臭いが発生する可能性があります。臭いを防ぐためには清潔を保つことはもちろん、ワキガクリームなどで汗と菌の両方に働きかけることが大切です。

コメントは受け付けていません。