ストレスでワキガが悪化する理由とメカニズム

ワキガはアポクリン腺の数・大きさにより決まる「体質」ですが、さまざまな原因で臭いが悪化することがあります。ストレスもそのひとつ。ストレスでワキガになるわけではありませんが、臭いがきつくなるため悩みは深刻です。ストレスとワキガの関係について見てみましょう。

ストレスでワキガの臭いが悪化する原因

冷や汗や脂汗など、極度の緊張状態やストレスで汗をかくことは良く知られています。精神性発汗はアポクリン腺からの汗であることが多く、ワキガ体質の方は臭い悪化の原因となるのです。

ストレスで刺激されるのは汗腺だけではありません。活性酸素が増加することで皮脂腺も活発になり、皮脂の分泌も増えてしまいます。皮脂腺とアポクリン腺は近くにあるため汗と皮脂が混じりやすく、汗と皮脂の両方が増えることで、ワキガの臭いがさらに悪化してしまうというわけです。

ワキガがストレスになることも…

ワキガ体質の方は常に臭いを気にしていることが多く、気にすることでさらに汗をかいてしまい、臭いが悪化すると言う悪循環に陥ることも少なくないようです。臭いの問題は周囲も指摘しにくいことが多く、中には実際には臭っていないのに本人は臭っていると思い込んでいることさえあります。

ワキガは体質 ただし汗・臭いは対策可能!

ワキガに限らず汗・臭いを気にしている人にとって一番の対策は「臭わないようにすること」ですよね。ワキガの臭い対策には自分でできるものから医療機関での治療までいくつもの方法があります。ワキガについて正しい知識を持ち、ワキガ臭いを解決する方法の中から自分に合う方法が見つかればストレスを感じなくても済むのです。

ワキガのセルフチェックの方法

臭いが気になる場合には、まず自分がワキガかどうか確認するところから始めてみましょう。ワキガ体質は遺伝することが多いので、両親のどちらかがワキガの場合には自分もワキガである可能性は高くなります。

また、もっとも簡単なセルフチェックの方法として、耳垢の湿り具合で判断する方法もあります。耳の中が乾燥した状態で綿棒などで耳垢を取ったとき、湿っていたり色が濃ければワキガの可能性が高いです。その他にも衣類のワキが黄ばんだり、制汗剤を使っていないのにワキに白い粉がついている場合もワキガの可能性があります。

これらのセルフチェックでワキガが疑われる場合には、医療機関で判断してもらうのが確実です。

ワキガ体質だとわかっても、適切な方法で対処すれば汗・臭いを気にせずに過ごすことは可能です。まずは最初の一歩を踏み出してみましょう!

コメントは受け付けていません。