ワキガの臭い対策に効果的な石鹸・ボディソープの選び方を解説!

清潔は臭い対策の基本です。ワキガの場合には、単に汚れを落とすだけでなく

  • ワキガ臭いの原因「菌」を殺菌する成分
  • 皮脂の過剰分泌を抑える保湿成分
  • 臭いを抑える効果が期待できる成分

などが配合されている石鹸・ボディソープを選ぶのがポイントです。さらに、肌へのやさしさの観点からは

  • 低刺激
  • 泡立ちが良い

ものを選びたいですね。ワキガに効果的な石鹸・ボディソープ選びのポイントについて、順番に見て行きましょう。

殺菌成分配合のものを選ぶのが基本

ワキガの臭いを抑えるためには、ワキガ菌を殺菌する成分が配合されているものを選ぶことがもっとも大切です。イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)はワキガクリームにも配合されている成分で、ワキガ菌の殺菌にすぐれた効果を発揮します。

参考:制汗と殺菌!臭い対策に効果的な成分の種類と特徴を解説

殺菌力のすぐれた成分は肌に刺激が強いことも多いですが、イソプロピルメチルフェノールは低刺激で、肌にやさしいのもポイントです。

また、殺菌作用と炎症を抑える作用にすぐれ、肌を健康な状態に導いてくれるグリチルリチン酸ジカリウムなどが配合されたものもおすすめです。

保湿成分配合の石鹸・ボディソープが◎

殺菌・洗浄力が強力なものは、肌に必要な潤いまで落としてしまうものがあります。使った後につっぱり感を感じるようなら要注意。肌の乾燥は皮脂の過剰分泌をまねき、臭い悪化の原因になります。保湿成分が配合されたものを選ぶとともに、入浴後は保湿ケアを忘れないようにしましょう。

消臭成分が配合されているものがおすすめ

殺菌・保湿成分に加えて、柿渋エキス(柿タンニン)など臭いを抑える効果が期待できる成分が配合されている石鹸・ボディソープは、ワキガだけでなく加齢臭対策にも効果的です。植物由来など肌にやさしい成分を選ぶのがポイントです。

泡立ちがよく低刺激!肌にやさしいものを

臭いが気になるあまり、ボディブラシやナイロンタオルなどで肌をごしごし洗う方も少なくありません。ごしごし洗いは肌を傷つけることになり、肌環境を悪化させてしまいます。ワキガの臭い対策には低刺激の成分を配合した、泡立ちの良い石鹸・ボディソープでやさしく洗うことが大切です。

入浴後はワキガ専用アイテムでケア!

入浴後の菌が洗い流された状態で殺菌効果のあるワキガクリームなどでケアすれば、寝ている間に臭いがするのを防ぐことができます。人気のあるワキガクリームは1日中効果が持続するものが多いので、朝出かける前にひと塗りすれば、途中で塗り直す必要はありません。寝汗が気になる場合には、朝シャワーもいいですね。朝・晩のケアで、上手に臭いケアして行きましょう。

コメントは受け付けていません。