ワキガの臭い対策はクリームがおすすめ!その理由を解説

ワキガの臭いはアポクリン腺からの汗が常在菌により分解されることで発生します。そのため、汗を抑えることはワキガ対策の最も重要なポイントです。

汗を抑える方法としては市販の制汗剤が良く知られていますよね。使いやすいスプレータイプは大人気。ロールオンやスティックなどタイプもさまざまで、無香料のものから好みの香りが楽しめるものまで数多くの商品が売られています。

しかし、ワキガ対策としては市販の制汗剤は十分とは言えません。なぜ市販の制汗剤ではダメなのか、ワキガ対策専用のクリームを選ぶべき理由をご紹介します。

市販の制汗剤・デオドラントではダメなワケ

市販の制汗剤はワキガ専用に作られてるわけではないため、ワキガ対策のもうひとつの重要なポイント「殺菌」についてはあまり考慮されていません。最近では殺菌・抗菌作用が期待できる成分が配合された制汗剤も増えていますが、ワキガ専用のものにくらべ持続力がないため、1日に何度も塗り直す必要があります。過剰に使用することでかぶれなどの肌トラブルが起こったり、肌が乾燥することで皮脂の過剰分泌を招き、ワキガが悪化することにもなりかねません。ワキガの臭い対策は肌へのやさしさも重要なポイントです。

好みの香りが選べるのが魅力のスプレータイプは、ワキガの場合かえって逆効果。せっかくの良い香りもワキガの臭いと混ざることで不快な臭いとなってしまうケースがあるためです。ワキガ対策には無香タイプで制汗力・殺菌力の高い持続性のあるアイテムを選ぶことが大切です。

持ち運びやすく使いやすいことが魅力のスプレータイプですが、肌への密着性はそれほど高くありません。そのため汗を抑える効果は低く、汗で流れやすいのも欠点です。効果の高さで選ぶなら、肌への密着度が高いロールオンやスティック、クリームタイプがおすすめです。

ワキガ専用のクリームがおすすめな理由

臭い悩みを解消するためには、ワキガの原因である汗・常在菌に働きかける必要があります。そのためには、ローションやクリームなど肌に直接塗り込むタイプが効果的です。さらに、制汗力・殺菌力が高く、効果が持続するものを選ぶことがポイントになります。

市販の制汗剤・デオドラントは広く一般の人に使ってもらうことを念頭に開発されているため、ワキガ対策としては制汗力・殺菌力ともに効果が不十分です。有効性が認められた医薬部外品のワキガ対策アイテムには、ローション・クリームがありますが、塗りやすさと持続力で選ぶならクリームタイプがおすすめ。人気商品は安全性も高く、子どもにも安心して使えるのがうれしいですね。

コメントは受け付けていません。